「すべての力を出し切った」と完走目前の別府 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「すべての力を出し切った」と完走目前の別府

バックナンバー 過去ニュース
 23日間の日程で開催されているツール・ド・フランスは、7月25日に最終日前日の戦いを終え、スキル・シマノの別府史之(26)は「精一杯すべて自分の力を出し切った。明日の最終ステージも頑張りたい」とコメントした。以下は同チームスタッフの今西尚志によるレポート
  •  23日間の日程で開催されているツール・ド・フランスは、7月25日に最終日前日の戦いを終え、スキル・シマノの別府史之(26)は「精一杯すべて自分の力を出し切った。明日の最終ステージも頑張りたい」とコメントした。以下は同チームスタッフの今西尚志によるレポート
 23日間の日程で開催されているツール・ド・フランスは、7月25日に最終日前日の戦いを終え、スキル・シマノの別府史之(26)は「精一杯すべて自分の力を出し切った。明日の最終ステージも頑張りたい」とコメントした。以下は同チームスタッフの今西尚志によるレポート。

 この日のステージの見どころは、頂上ゴールとなる伝説の峠「モンバントゥー」。この草木が生えない「はげ山」では、今までのツール・ド・フランスで数々の死闘が繰り広げられ、1967年大会では、イギリス人選手トム・シンプソンの死亡事件もあり、魔の山として恐れられてきた峠である。
 レースの方は、この魔の山を前に飛び出しを図りたい選手により、スタート早々からスピードが上がる。それにより序盤から16名の先頭集団ができあがる。そこにスキル・シマノは選手を送り込むことに成功。フランス人シリル・ルモワンとオランダ人のアルベルト・ティンメルが入った。
 彼らの先頭集団は快調に後続との差をひらげ、最大10分の差となる。しかし、逆転優勝を企むサクソバンクチームがメイン集団とのタイム差をつめ始める。そして差を5分に詰めて、約20kmの上りが続くモンバントゥーに突入。そこでは、最後のリーダージャージ争いでメイン集団も分裂し、前で走っていた2選手も追いつかれてしまう。
 別府も第2集団に取り残され懸命に頂上を目指して上る。結局、ステージ優勝は、ティンメルらと最初から飛び出したラボバンクチームのガラーテ(スペイン)であった。
 スキル・シマノは、46位のアルベルトがチーム最高位。前日に7位と健闘した別府は、92位とこの日も危なげない走りで、総合順位112位で、最終日を迎えることとなった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top