ピレネー突入の日本勢、まずは初日をクリア | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ピレネー突入の日本勢、まずは初日をクリア

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランスは大会7日目にして勝負どころの山岳ステージに突入した。第7ステージはピレネー山脈のど真ん中、カテゴリー超級のアンドラ・アルカリスにゴールするコースだったが、スキル・シマノの別府史之(26)は23分23秒遅れ、Bboxブイグテレコムの新城幸也
  •  ツール・ド・フランスは大会7日目にして勝負どころの山岳ステージに突入した。第7ステージはピレネー山脈のど真ん中、カテゴリー超級のアンドラ・アルカリスにゴールするコースだったが、スキル・シマノの別府史之(26)は23分23秒遅れ、Bboxブイグテレコムの新城幸也
 ツール・ド・フランスは大会7日目にして勝負どころの山岳ステージに突入した。第7ステージはピレネー山脈のど真ん中、カテゴリー超級のアンドラ・アルカリスにゴールするコースだったが、スキル・シマノの別府史之(26)は23分23秒遅れ、Bboxブイグテレコムの新城幸也(24)は28分29秒遅れでゴール。

 成績から見れば大きく遅れた2人だが、別府と新城のスタイルは平坦基調のステージで一気にアタックを決めてゴールまで逃げ切るというもの。そのため過酷な山岳ステージはタイムオーバーだけに気をつけてゴールすればいい。
 この日新城は、上りが苦手なスプリンターたちなどで構成された、グルッペットと呼ばれる最後尾の大集団でアルカリスを上った。途中では笑顔を見せるなど余力を残した走り。ピレネーでの残る2日間をしのげば、別府とともに再び積極的な動きを見せてくれるはずだ。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top