アームストロングの復帰戦は49秒遅れの総合29位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アームストロングの復帰戦は49秒遅れの総合29位

バックナンバー 過去ニュース

 オーストラリアで開催されていた8日間のステージレース、ツアー・ダウンアンダーは最終日となる1月25日にアデレードで最終レースを行い、4年ぶりに現役復帰したランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)が49秒遅れの総合29位でゴールした。

 南半球で開催される同大会は、欧米選手にとっては本格的なシーズン開幕前の足馴らしの大会。勝負どころとなる山岳ステージや、アームストロングが得意とする個人タイムトライアルもなかったことから、同選手にとってはレースのイメージを取り戻すことが最大の目的だった。
 総合力の高いチームメートに援護を受けながら、連日大集団の中で無難にゴールし、無事にゴールのアデレードに到着した。
 総合優勝は地元オーストラリアのアラン・デイビス(クイックステップ)。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top