軽量パーツメーカー「eecycleworks」が日本上陸 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

軽量パーツメーカー「eecycleworks」が日本上陸

バックナンバー 過去ニュース

 自転車パーツの輸入・販売を行うゼータトレーディングは、アメリカのパーツメーカー「eecycleworks(イーイーサイクルワークス)」社製品の取り扱いを開始する。
  •  自転車パーツの輸入・販売を行うゼータトレーディングは、アメリカのパーツメーカー「eecycleworks(イーイーサイクルワークス)」社製品の取り扱いを開始する。
 自転車パーツの輸入・販売を行うゼータトレーディングは、アメリカのパーツメーカー「eecycleworks(イーイーサイクルワークス)」社製品の取り扱いを開始する。

 今回発売されるのは、優れたストッピングパワーとコントロール性能を持たせながら可能な限り軽量に仕上げたロード用ブレーキキャリパー、eebrake。有限要素法(FEA)を用いて最適化された設計により、パッドを含んだセット重量が200g以下という軽量性が特徴。さらに、大きな調整幅を実現したエキセントリック(偏芯)ブレーキマウントボルトや、シマノ対応でトーイン調整が可能なシューホルダー、優れたエアロダイナミクスなどの高機能を有している。素材には7075-T6アルミニウム、6/4チタニウム、300シリーズステンレススチールを採用し、軸受けには自己注油ブッシングを採用してメンテナンスフリーを実現しているという。

●eebrake
重量:200g以下(パッド込み)
材質:7075-T6アルミニウム、6/4チタニウム、300シリーズステンレススチール
カラー:シルバー/ブラック
価格:¥69,300(前後セット・ブレーキパッド無し・税込)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top