第14回日韓対抗学生は日本が韓国に71対69で勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

第14回日韓対抗学生は日本が韓国に71対69で勝利

 第14回日韓対抗学生自転車競技大会が11月2日に東京都立川市の立川競輪場で開催され、日本が総合得点71対69で韓国を下して優勝した。

バックナンバー 過去ニュース
 第14回日韓対抗学生自転車競技大会が11月2日に東京都立川市の立川競輪場で開催され、日本が総合得点71対69で韓国を下して優勝した。
  •  第14回日韓対抗学生自転車競技大会が11月2日に東京都立川市の立川競輪場で開催され、日本が総合得点71対69で韓国を下して優勝した。
 第14回日韓対抗学生自転車競技大会が11月2日に東京都立川市の立川競輪場で開催され、日本が総合得点71対69で韓国を下して優勝した。

 同大会は日韓親善・交歓競技大会として95年にスタート。02年の第8回大会から日韓対抗・公式大会として位置づけられている。東京での開催は、交歓大会時代の第4回・東京ドーム開催以来、10年振りとなった。
 大学男子、高校男子、女子の3カテゴリーにそれぞれ4選手、1国12選手で7種目が行われ、その順位に応じて獲得した得点の合計により日韓の対抗成績が決定する。
 大会序盤に行われた個人追抜きでは、韓国勢が金メダルを独占してリードしたものの、日本もポイントレースで優勢に立つなど確実に得点を重ね、両国の接戦が続いた。

 韓国学生チームは、09年2月2日に東京・明治神宮外苑で行われる全日本学生ロードレースカップ最終戦にも参加予定。トラックだけでなく、ロードレースでも日韓学生自転車競技の交流が続く。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top