アジア選手権4日目、マディソンで野口・元砂組2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アジア選手権4日目、マディソンで野口・元砂組2位

バックナンバー 過去ニュース
 第28回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会は4月13日、奈良県営競輪場でトラックレース4日目を迎え、ジュニア男子マディソンで日本チームとしてペアを組んだ野口正則(17)と元砂勇雪(17=ともに奈良・榛生昇陽高)が2位に入った。
  •  第28回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会は4月13日、奈良県営競輪場でトラックレース4日目を迎え、ジュニア男子マディソンで日本チームとしてペアを組んだ野口正則(17)と元砂勇雪(17=ともに奈良・榛生昇陽高)が2位に入った。
 第28回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会は4月13日、奈良県営競輪場でトラックレース4日目を迎え、ジュニア男子マディソンで日本チームとしてペアを組んだ野口正則(17)と元砂勇雪(17=ともに奈良・榛生昇陽高)が2位に入った。

 レースは韓国チームが最初にアタックをかけて集団を引き離して単独走行を開始。日本チームを含む集団は韓国チームに追撃しようとしたが、追いつくことができずに周回遅れとなった。
 この時点で韓国チームの優勝がほぼ確定された。韓国は、集団に追いついた後も全てのポイント周回で1位に入る。日本は韓国に次ぐポイントを獲得して2位となった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top