学連主催の大町美麻大会に国際登録のNIPPO勢が参戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

学連主催の大町美麻大会に国際登録のNIPPO勢が参戦

バックナンバー 過去レポート
 日本学生自転車競技連盟が主催する2007年度ロードレースシリーズ第7戦「大町美麻ロードレースラウンド」が10月20日に長野県大町市美麻で開催され、国際登録する日本のトップチーム、NIPPO・梅丹が参戦。同チームの宮澤崇史(29)が学生選手を制して優勝した。
  •  日本学生自転車競技連盟が主催する2007年度ロードレースシリーズ第7戦「大町美麻ロードレースラウンド」が10月20日に長野県大町市美麻で開催され、国際登録する日本のトップチーム、NIPPO・梅丹が参戦。同チームの宮澤崇史(29)が学生選手を制して優勝した。
 日本学生自転車競技連盟が主催する2007年度ロードレースシリーズ第7戦「大町美麻ロードレースラウンド」が10月20日に長野県大町市美麻で開催され、国際登録する日本のトップチーム、NIPPO・梅丹が参戦。同チームの宮澤崇史(29)が学生選手を制して優勝した。

 同大会は出場資格を学生チームに限定しないエントリー方式を採用し、NIPPO・梅丹と日本アイランド・ラヴニールあづみのの2チームが参戦した。
 レース中盤で、日大の大庭伸也と越海誠一、NIPPOの宮澤と福島晋一による先頭集団が形成される。その後、後続集団とのタイム差が詰まってメンバーが入れ替わり、最終的に宮澤と、07年に鹿屋体育大を卒業してNIPPO入りした中島康晴、日大の越海、オール慶應チームの高岡亮寛の4人に優勝争いが絞られた。慶應義塾大OBの高岡はインカレロードレース優勝経験があり、現在は社会人。
 最後は、タイで行われた07年アジア選手権ロードレースの覇者である宮澤が抜け出して優勝した。出走69人、完走13人。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top