[TDFレポート]第11Sは時速48km超の高速レースに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

[TDFレポート]第11Sは時速48km超の高速レースに

スポーツ 短信

 ツール・ド・フランス第11ステージは平均時速48.061kmで地中海岸を駆け抜けた。今年の大会はここまで平均時速40km以下の低速レースが続いていたが、一気にハイペースとなった。
  •  ツール・ド・フランス第11ステージは平均時速48.061kmで地中海岸を駆け抜けた。今年の大会はここまで平均時速40km以下の低速レースが続いていたが、一気にハイペースとなった。
 ツール・ド・フランス第11ステージは平均時速48.061kmで地中海岸を駆け抜けた。今年の大会はここまで平均時速40km以下の低速レースが続いていたが、一気にハイペースとなった。

 この日は80km過ぎに5人がアタックしたが、メイン集団の先頭をアスタナ勢がハイペースで引っ張り、すぐに吸収した。このとき総合6位のクリストフ・モロー(36=フランス、AG2R)が落車で遅れていて、結局モローはアシスト陣の追撃も届かず、総合成績で大きく後退することになる。
 第5ステージでも優勝候補のアレクサンドル・ビノクロフ(33=カザフスタン、アスタナ)が落車した。このときもハイペースでゴールを目指した集団に追いつくとことができず、優勝争いから後退することになった。
《編集部》
page top