ジロ第6S、首位はディルーカからピノッティへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ第6S、首位はディルーカからピノッティへ

バックナンバー 過去ニュース

 ジロ・デ・イタリアは5月18日、ティボーリ~スポレート間で第6ステージを行い、コロンビアのルイス・ラベルデ(27)=チェラミカパナリア=がステージ優勝。昨年に続く大会2勝目を挙げた。2位は同タイムでイタリアのマルコ・ピノッティ(31)=Tモバイル=。首位ダニーロ・ディルーカ(31)=イタリア、リクイガス=はこの2人から7分09秒遅れた大集団の中でゴールし、総合成績で区間2位のピノッティが逆転。マリアローザを手中にした。

◆第6S結果(177キロ)
1 L・ラベルデ(コロンビア、チェラミカパナリア)4時間58分23秒
2 M・ピノッティ(イタリア、Tモバイル)同タイム
3 C・ケルヌ(フランス、クレディアグリコル)1分30秒遅れ
4 H・シュワブ(スイス、クイックステップ)1分34秒遅れ
5 D・コントリーニ(イタリア、ティンコフ)3分45秒遅れ
6 F・バリアーニ(イタリア、チェラミカパナリア)6分55秒遅れ

◆個人総合成績
1 M・ピノッティ(イタリア、Tモバイル)23時間44分32秒
2 H・シュワブ(スイス、クイックステップ)3分30秒遅れ
3 D・ディルーカ(イタリア、リクイガス)4分12秒遅れ
4 F・ペッリゾッティ(イタリア、リクイガス)4分38秒遅れ
5 A・ノーエ(イタリア、リクイガス)4分47秒遅れ
6 V・ニバーリ(イタリア、リクイガス)4分47秒遅れ
《編集部》
page top