ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立

スポーツ 短信
ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立
  • ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立
  • ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立
AOSテクノロジーズ、オートバックスセブン、オーイーシーの3社は、ドローンサッカーを通じ、地域コミュニティの活性化を促進することを主目的とした「日本ドローンサッカー連盟」を設立した。

ドローンサッカーは、球状のプラスチックフレームに覆われたドローンサッカーボールを使用し、5対5で戦う韓国発祥の戦略型チームスポーツだ。最大幅20m×奥行10m×高さ5mの区切られたフィールド空間で、オフェンス用ドローン1機、オフェンスの支援や自ゴールのディフェンスをする4機を使用し、ドローンをドーナツ型のゴールに通すことで得点を競う。

日本ドローンサッカー連盟は、ドローンサッカーという競技を通じた地域コミュニティの活性化や青少年の健全な育成、バリアフリースポーツの導入と展開、浸透、ドローン操縦技術の向上を目的に設立。デモンストレーション等のイベント企画・運営、トーナメント大会の開催、ドローンサッカー普及に関する活動を行う。

12月21日(土)には、大分県大分市にて直径40cmの競技用機体を使用した日本初のドローンサッカートーナメント大会の開催を予定。2021年から2023年にかけてアジア大会や世界大会、2025年には第1回ワールドカップを開催することを視野に入れ、今後の活動を行っていく。また、日本ドローンサッカー連盟への参画企業や会員の募集を開始する。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top