長谷部誠、ユニセフ「#RUNforUNICEF」に参加…2019年度公式戦で222km走破を目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長谷部誠、ユニセフ「#RUNforUNICEF」に参加…2019年度公式戦で222km走破を目指す

スポーツ 短信
長谷部誠、ユニセフ「#RUNforUNICEF」に参加…2019年度公式戦で222km走破を目指す
  • 長谷部誠、ユニセフ「#RUNforUNICEF」に参加…2019年度公式戦で222km走破を目指す
  • 長谷部誠、ユニセフ「#RUNforUNICEF」に参加…2019年度公式戦で222km走破を目指す
日本ユニセフ協会は、サッカー・ドイツ1部リーグに所属する日本ユニセフ協会大使の長谷部誠選手が「#RUNforUNICEF」に挑戦することを発表した。

「#RUNforUNICEF」は、誰でも簡単にユニセフのチャリティーランナーとして募金ページを立ち上げ、応援の寄付を呼びかけることができるプラットフォームだ。オンラインで世界の子どもたちのための募金活動を始められるプラットフォーム「フレンドネーション」で展開しているキャンペーンの一つとなる。

「#RUNforUNICEF」への参加を決めた長谷部選手は、世界の子どもを支援するためブンデスリーガ公式戦で222km走破を目指す。挑戦期間は、来年5月まで続く2019-20シーズン。子ども時代を過ごした静岡県藤枝市からプロサッカー選手となる夢を叶えた埼玉スタジアム2002までの距離である222kmを走ると宣言し、寄付を募る。また、「#RUNforUNICEF」への参加を呼びかける。

走行距離は、ブンデスリーガ公式サイトを参照する予定だ。チャレンジ実施期間中は、募金ページにて走行距離の進捗模様などを更新していく。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top