アシックス、AI画像解析技術を活用したプロネーションタイプ判定サービスを店舗に導入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アシックス、AI画像解析技術を活用したプロネーションタイプ判定サービスを店舗に導入

新着 製品/用品
アシックス、AI画像解析技術を活用したプロネーションタイプ判定サービスを店舗に導入
  • アシックス、AI画像解析技術を活用したプロネーションタイプ判定サービスを店舗に導入
  • アシックス、AI画像解析技術を活用したプロネーションタイプ判定サービスを店舗に導入
アシックスは、AI(人工知能)画像解析技術を用いてランナーのプロネーションタイプを判定するシステムを開発し、6月上旬より直営店に順次導入する。

プロネーションとは、かかとの内側への倒れこみに代表される一連の動きで、人体に備わった着地の衝撃をやわらげる足本来の機能だ。今回導入するシステムは、アシックススポーツ工学研究所が蓄積してきた知見とデータを活用して開発。後ろからランニング中の膝から下の動画をタブレット端末で撮影し、プロネーションタイプを判定する。

動画はクラウド上のAIで自動解析し、膝、足首、かかとの位置を特定。かかとが着地時にどの程度内側に倒れこんでいるのかを角度で割り出すことでプロネーションタイプを判定し、分析結果をもとに、特徴に合った同社のランニングシューズを提案する。プロネーションの度合いは個人差が大きく、プロネーションの特徴にあった適切なシューズを着用することが重要となる。

プロネーションタイプ判定サービスは、独自開発したランニングフォーム分析アプリ「ASICS RUNNING ANALYZER(アシックスランニングアナライザー)」に搭載する。プロネーションタイプをAI(人工知能)画像解析技術を用いて判定するサービスは世界でも類を見ないものとなる。

導入店は、アシックス原宿フラッグシップ、ロンドンのASICS REGENT STREET FLAGSHIP(アシックス リージェントストリート フラッグシップ)、ニューヨークのASICS 5th AVENUEFLAGSHIP (アシックス フィフスアヴェニュー フラッグシップ)などの旗艦店をはじめ、グローバルの直営店。

今後、スマートフォンでの利用を可能にするなど利便性の向上を目指す。また、一部の機能を企業向けサービスとして販売もしくは提供することも検討している。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top