首都大学東京、釜石の復興をラグビーを通じて応援する「釜石ラグビー2019応援プロジェクト」発足 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

首都大学東京、釜石の復興をラグビーを通じて応援する「釜石ラグビー2019応援プロジェクト」発足

スポーツ 短信
首都大学東京、釜石の復興をラグビーを通じて応援する「釜石ラグビー2019応援プロジェクト」発足
  • 首都大学東京、釜石の復興をラグビーを通じて応援する「釜石ラグビー2019応援プロジェクト」発足
首都大学東京は、ラグビーワールドカップ2019日本大会(RWC)の機運醸成に加え、東日本大震災で甚大な被害を受けたラグビーの街“釜石”の復興をラグビーを通じて応援する「釜石ラグビー2019応援プロジェクト」を発足した。

同大学は、RWCの試合が岩手県釜石市でも行われることから、元新日鐵釜石ラグビー部OB等が中心となり設立されたNPO「スクラム釜石」と協定を締結。ラグビーを通して復興支援に取り組む「釜石ラグビー応援プロジェクト」を発足させ、9月20日(金)に開幕するRWC開催時に岩手県釜石市でボランティア活動を行う。

また、多くの人が様々な形でRWCを楽しみ、応援できるようにトークライブ「ラグビーとボランティアとリーダーシップ」の開催を決定。ラグビーの魅力について学ぶ場を提供する。ファシリテーターは、ラグビージャーナリストの村上晃一氏。元ラグビー日本代表で東芝ブレイブルーパス前監督の冨岡鉄平氏、首都大学東京 人文社会学部社会福祉学分野 准教授の室田信一氏らが登壇する。

開催日時は、5月9日(木)16:30~18:00。会場は、首都大学東京 南大沢キャンパス 講堂小ホール。定員200名。参加無料、要事前申込。申込先は、首都大学東京ボランティアセンター。電話(042-677-1354)、FAX(042-677-1812)、E-mail(tmu-volunteer@jmj.tmu.ac.jp)のいずれかの方法で「名前」「所属(ある場合)」「メールアドレス(ない場合、その他連絡先)」を知らせることで申込みが完了する。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top