スケートボードの高校バンタン、10代から見たスケボー文化をCMで発信 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スケートボードの高校バンタン、10代から見たスケボー文化をCMで発信

ライフ 社会
スケートボードの高校バンタン、10代から見たスケボー文化をCMで発信
  • スケートボードの高校バンタン、10代から見たスケボー文化をCMで発信
  • スケートボードの高校バンタン、10代から見たスケボー文化をCMで発信
バンタンが運営するスケートボードの高校「バンタンデザイン研究所 高等部 スケートボード&デザイン専攻」は、同校の学生が初めて企業とコラボレーションし、制作した商品のプロモーションCMを3月9日(土)に発表する。

CMでは、日本製の光学レンズメーカーtokyo grapherのiPhone専用魚眼レンズ「FISH-EYE 220」をプロモート。東京オリンピックで初めて種目入りを果たすスケートボードと、スケートボードを取り巻くファッション、映像編集、英語などの文化を発信する。

29人の学生が4組のチームに分かれて、CMを制作。FISH-EYE 220の静止画撮影時220度、動画撮影時180度という視界を丸ごと収められる特徴を活かし、撮影から映像編集まで全ての制作工程をiPhoneのみで行って「スケートフィルマーの日常」をテーマに4本撮影した。CMを通して「手のひらから発信するスケート映像の可能性」を伝える。

発表は3月9日(土)15:00~16:00まで、INDEPENDENT(S) TOKYO (東京都世田谷区下馬1丁目21-14 B1階)にて実施。当日は、バンタンの学生を含むスケーターチーム4組が撮影・出演・制作した映像も上映する。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top