Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施

イベント スポーツ

Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
  • Bリーグオールスター出場選手、おのののかと共に復興支援活動を実施
ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグは、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018」開催前日の1月13日(土)に、熊本の益城町と花畑広場、福岡の朝倉市にてイベントを行った。

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME」は、Bリーグ所属選手が「B.BLACK」と「B.WHITE」の2チームに分かれて試合を行うイベントだ。今年は、1月14日(日)に国立代々木競技場第一体育館で開催。エキシビジョンコンテストや様々なプレーが披露された。

B.LEAGUE ALL-STAR GAME開催前日の1月13日(土)には、Bリーグが行っている「B.LEAGUE Hope」という社会的責任活動の一環として「出場選手による熊本・九州北部での復興支援プロジェクト」を実施。

熊本で栃木ブレックスの田臥勇太が所属するB.BLACK、アンバサダーを務めるおのののか、福岡で川崎ブレイブサンダーズの篠山竜青が所属するB.WHITEが活動した。

B.BLACKの選手、おのののか、レバンガ北海道に所属する折茂武彦は、熊本の益城町テクノ仮設住宅を訪れ、遊具に取り付けるバナーやベンチのペイントを約40人の子供たちと共に行った。今回色付けされたバナーとベンチは、益城町テクノ仮設団地内にある遊び場「みんなの広場」に設置される。

その後、B.BLACKの選手とおのののかは、試合当日のパブリックビューイング会場となっている花畑広場に移動し、試合前日イベントに参加。約400人のファンが集まった会場で、サインボール抽選会を行った。イベント終盤に抽選番号がかぶってしまうハプニングがあったが、アルバルク東京の田中と馬場が自身が着ていたベンチコートにサインをしてプレゼントするなどの神対応を見せた。

B.WHITEの選手は、福岡県朝倉市の久喜宮小学校を訪れ、ダンスを取り入れた準備運動やバスケットボールクリニック、エキシビジョンを約160名の子供たちと行った。また、Bリーグや選手からバスケットボールやTシャツをプレゼントした。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top