つば九郎、大トリ更改も現状維持に不満…出来高つけ忘れ「らいねんは、だいりにんこうしょうだな~」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

つば九郎、大トリ更改も現状維持に不満…出来高つけ忘れ「らいねんは、だいりにんこうしょうだな~」

エンタメ スポーツ・エンタメ
ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎
  • ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎
東京ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎が12月27日にブログを更新。来季に向けた契約更改の様子を伝えた。

チームはリーグ最下位に終わった2017年。しかし、つば九郎は自身の貢献度をアピールし、年俸増額を狙った。交渉の席で担当者から渡された封筒を確かめるつば九郎。中から出てきたものに「1まんえんのさつたば~!?」と驚いたが、「かとおもったら~じょうげ1まいづつ~2まんえん・・・」とすぐにガッカリ。

最初と最後の2枚を除く紙束は白紙だった。

記者会見に出席したつば九郎は、「たくさんの、ますこみのみなさんが、きていましたが、あっぷもしなければ~だうんもせず~」と現状維持を報告。ただ「できだかで、やくるとつけること~わすれてしも~た」ため、「これぢゃ~だうんといっしょ」と交渉の不手際を悔やんでいた。

「らいねんは、だいりにんこうしょうだな~」と早くも1年後のオフを見据えるつば九郎だった。

この日のブログには「だいりにんはだんのむらしでどうでしょうか」「毎年楽しませてもらってます」「ヤクルト飲み放題の出来高が無いなら飲みたい時はいちいちお金払うの??」「しゃちょうに、ちょくせつこうしょうして、やくるとのみほうだいを、つけてもらいましょう」などのコメントが寄せられていた。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top