アシックス、ランニングフォームを分析できるアプリ「ランディアス」を開発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アシックス、ランニングフォームを分析できるアプリ「ランディアス」を開発

新着 製品/用品

アシックス、ランニングフォームを分析できるアプリ「ランディアス」を開発
  • アシックス、ランニングフォームを分析できるアプリ「ランディアス」を開発
  • アシックス、ランニングフォームを分析できるアプリ「ランディアス」を開発
アシックスは、ディケイエイチと、iPhone用のランニングフォーム分析アプリ「Run-DIAS(ランディアス)」を共同開発した。

「Run-DIAS」は、ランニング中の動画をスマートフォンで撮影するだけでランニングフォームを分析できるiPhone用の無料アプリだ。クラウド上のAI(人工知能)で撮影された映像を自動解析し、関節位置を割り出して認識した関節位置データから、フォームの分析・評価を行う。

分析・評価には、アシックスが蓄積したランニングフォームに関するデータや知見を活用。ランニングフォームを独自のアルゴリズムで分析・評価する。関節位置データは14箇所取得。「ストライド」「ピッチ」「上下動」「体幹の前傾」「腕の振り幅」「脚の振り幅」の数値を割り出して評価し、自動的に平均と比較した際の傾向をフィードバックする。

分析結果は、数分でスマートフォン上に表示する。手動で関節位置を割り当てる作業を行う必要がなく、特別な機材も使用しないため、手軽にランニングフォームを分析できる。ディケイエイチから、11月にリリースされる予定だ。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top