秘密の試験施設でジャガー I-PACE を激写…Cd値0.29の超エアロボディを見た | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

秘密の試験施設でジャガー I-PACE を激写…Cd値0.29の超エアロボディを見た

新着 製品/用品
ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
  • ジャガー I-PACE スクープ写真
ジャガー初のEV『I-PACE』市販型プロトタイプを、欧州のジャガー秘密試験施設でキャッチした。またその電脳コックピットも初めて撮影に成功。コンセプトモデルの意匠を受け継いだデザインが見えた。

薄くシャープなヘッドライト、極端に寝かされたDピラーやスポーティーなリアクォーターウィンドゥなどにコンセプトモデルのDNAが確認出来る。このスポーティーなルックスにより、エアロダイナミクスCd値は、SUVとしては驚異的な0.29を実現している。

兄貴分のSUV『F-PACE』より約50mm短く、90mm低く、そして40mmタイトなボディサイズだが、ホイールベースが115mm長く、リアのフットスペースはBMWの最高級セダン『7シリーズ』より10mm以上余裕があるとジャガーは主張している。また直径234mm、長さ500mmというコンパクトな電気モーターの存在も、広い居住空間に良い影響を及ぼしているはずだ。

搭載されるジャガー・ランドローバー製、90kWリチウムイオンバッテリーは、最高出力395ps、最大トルク700Nmを発揮、0-100km/h加速は4秒以下のハイパフォーマンスを誇る。

1回のフル充電で350km以上の走行が可能で、90分で80%、2時間で100%の充電が完了する。2018年からオーストリアのマグナ・シュタイア工場で生産を開始、価格は7万ドル(約840万円)程度と予想されている。

日本導入は2019年夏以降となるだろう。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top