敬愛するペップの下で、さらなる成長と成功を目指すレロイ・サネ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

敬愛するペップの下で、さらなる成長と成功を目指すレロイ・サネ

スポーツ 選手

レロイ・ザネ 参考画像(2017年1月21日)
  • レロイ・ザネ 参考画像(2017年1月21日)
マンチェスター・シティでの2年目を迎えるドイツ代表MFレロイ・サネ。敬愛するジョゼップ・グアルディオラ監督の下でプレーする喜びと将来の展望を語った。

「バルセロナやバイエルンのころから彼のことを追っていたよ。選手と一緒に彼がどうやって仕事をするか。そしてチームがどうプレーするのかを僕はとても楽しんできた。彼らがプレーするサッカーには質が備わっている」

シャルケ04の下部組織で育ったサネ。育成に定評あるシャルケの歴史でも『最高傑作』と謳われ、複数のビッグクラブが2016年夏にはサネに興味を持っていた。その中で本人が選んだのはマンチェスター・Cだった。

「ペップはすべてのチームの戦いぶりを成長させてきた。もちろんそのすべてが僕を惹きつけたんだ。彼が僕を獲得したいというニュースが出たときには、一緒に仕事をすることで僕の弱点が改善できると思った。彼と仕事をした選手たちに話を聞いた。彼らはこう言っていた。

『レロイ。ペップと一緒に働けば間違ったほうに足を踏み出すことはない。彼は君を大きく成長させられるし、彼が君のことを獲得したいと言うならばそれは信頼して良いということだよ』とね。

昨季に起きたことがそのすべての実現というわけさ」

マンチェスター・Cには大きな野望があり、自分もその一員になりたいと話すサネ。グアルディオラ体制2年目でのタイトル獲得を目指す。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top