中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売

ドッペルギャンガーは、メッシュ素材を採用した中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ DCB368-BK」を発売した。

新着 製品/用品
中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
  • 中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ」発売
ドッペルギャンガーは、メッシュ素材を採用した中身が見える自転車用輪行袋「メッシュ輪行キャリングバッグ DCB368-BK」を発売した。

「メッシュ輪行キャリングバッグ」は、立体メッシュ生地を採用した自転車が見える輪行袋だ。コンセプトは「中身が見えない不安をなくす」。 輪行袋の中身が全く見えない状態は、サイクリストや居合わせた周囲の人々の不安を生み出す原因になっているのではないかと考え、本体の素材を中身が見えるメッシュに変更している。

通常の輪行袋の場合、収納した自転車の梱包状態は開けてみないと分からないが、メッシュ素材を採用しているため、袋を開けずに自転車の梱包状態を確認できる。また、大きな袋である輪行袋は、輪行を知らない人から不審物に見られる可能性があるが、メッシュ素材によって同じ車内や構内に居合わせた周囲の人々に中身が自転車であることを知らしめることができる。

程よいクッション性を持つ3mm厚の立体ハニカムメッシュを採用。自転車をしっかり包み込むことができる。汚れがつきにくく、簡単に手入れが可能。使用しないときには、畳んで小さく丸めて収納できる。対象サイズは、20インチ以下の折りたたみ自転車。価格5,000円(税抜)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top