楽天が連敗を3でストップ…聖澤諒が土壇場で起死回生の逆転打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天が連敗を3でストップ…聖澤諒が土壇場で起死回生の逆転打

スポーツ 短信

京セラドーム イメージ
  • 京セラドーム イメージ
楽天は7月30日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。土壇場で聖澤諒外野手が逆転となる適時打を放ち、4-3で勝利。連敗を3でストップした。

楽天は1-3と1点ビハインドで迎えた7回表、アマダー内野手が今季第15号のソロ本塁打を放ち2点差に詰め寄ると、9回表には走者一、二塁の好機を作り、聖澤が値千金の適時二塁打を放ち4-3と逆転に成功した。

投げては、5番手で登板した久保裕也投手が今季2勝目。敗れたオリックスは、3番手で登板した黒木優太投手が誤算だった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top