【7月27日プロ野球全試合結果】阪神がDeNAに勝利し同率2位、西武・菊池雄星の快投で6連勝、ヤクルトが3連勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【7月27日プロ野球全試合結果】阪神がDeNAに勝利し同率2位、西武・菊池雄星の快投で6連勝、ヤクルトが3連勝

スポーツ 短信

プロ野球全試合結果
  • プロ野球全試合結果

ソフトバンク、東浜巨が8回途中1失点の好投…楽天は打線が沈黙


ソフトバンクは7月27日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。先発の東浜巨投手が8回途中1失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、5-1で勝利した。

ソフトバンクは0-0で迎えた4回表、1死二、三塁の好機を作ると、中村晃外野手が適時打を放って2点を先制。6回表には指名打者・デスパイネの適時二塁打で3-0とすると、終盤にも今宮健太らの適時打で加点するなど終始試合の主導権を握った。

投げては東浜が楽天打線を封じて今季10勝目。自身初となる二桁勝利に到達した。敗れた楽天は、先発の岸孝之投手が8回途中9奪三振4失点と粘投を見せるも、打線が援護できなかった。



巨人、広島との接戦を制す…陽岱鋼が決勝打、田口麗斗は今季9勝目


巨人は7月27日、京セラドーム大阪で広島と対戦。陽岱鋼外野手が決勝打を放つなど投打がかみ合い、4-3で接戦をものにした。

巨人は初回、坂本勇人内野手が今季第11号のソロ本塁打を放ち1点を先制。その後、広島に1-2と逆転されるも、4回裏には、無死一、三塁の好機に阿部慎之助内野手が適時打を放ち逆転に成功すると、続く好機に陽が適時打を放ち4-2とリードを広げた。

投げては、先発の田口麗斗投手が7回3失点の好投を見せ、今季9勝目。敗れた広島は、中村祐太投手が4回途中4失点と振るわなかった。広島の連勝は4でストップした。




ヤクルトが3連勝、バレンティンが2打席連発など打線爆発で大勝


ヤクルトは7月27日、神宮球場で中日と対戦。主砲・バレンティン外野手が2打席連続本塁打を放つなど打線が15安打と爆発し、11-2で大勝。3連勝を飾った。

ヤクルトは初回、バレンティンの内野ゴロの間に走者が生還し1点を先制すると、リベロ内野手に適時二塁打が飛び出し2-0。3回裏にはバレンティンが今季第17号のソロ本塁打を放つと、以降も効果的に加点し終始試合の主導権を握った。

投げては、山中浩史投手が9回2失点の完投で今季初勝利。敗れた中日は、投手陣が崩壊。打線も振るわなかった。



西武が6連勝、菊池雄星が7回無失点で10勝目…オリックスは泥沼の8連敗


西武は7月27日、メットライフドームでオリックスと対戦。先発の菊池雄星投手が7回無失点の好投を見せ、2-0で勝利。怒濤の6連勝を飾った。

西武は0-0で迎えた3回裏、2死満塁の好機を作ると、浅村栄斗内野手が適時内野安打を放ち1点を先制。8回裏には、中村剛也内野手が今季第23号のソロ本塁打を放ち2-0とリードを広げた。

投げては、先発の菊池が7回12奪三振無失点の快投を見せて今季10勝目。敗れたオリックスは山崎福也投手が6回1失点の好投を見せたが、打線が援護できなかった。



阪神、投打がかみ合いDeNAに快勝…岩田稔が今季初登板初勝利


阪神は7月27日、甲子園球場でDeNAと対戦。今季初登板の岩田稔投手が好投を見せるなど投打ががっちりとかみ合い、10-3で勝利した。

阪神は0-2と2点ビハインドで迎えた4回裏、1死一、二塁の好機を作ると、中谷将大外野手が今季第11号の3点本塁打を放ち3-2と逆転に成功。8回裏には、1死二塁の好機で、ドラフト1位ルーキーの大山悠輔外野手が今季第3号の2点本塁打を放ち5-2。

さらに続く好機に高山俊外野手の適時二塁打が飛び出すなど打線がつながり、この回だけで一挙に7点を追加。10-2とリードを広げた。

投げては、岩田が初登板ながらも5回2失点と粘りの投球で先発の役割を果たし、今季初勝利。敗れたDeNAは、3番手の砂田毅樹投手が6失点を喫する誤算だった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top