楽天、島内宏明が劇的サヨナラ打…オリックスは序盤のリード守れず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天、島内宏明が劇的サヨナラ打…オリックスは序盤のリード守れず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
楽天は7月21日、Koboパーク宮城でオリックスと対戦。島内宏明外野手のサヨナラ打により、4-3で勝利した。

楽天は0-3と3点ビハインドで迎えた5回裏、ウィーラー内野手が今季第21号のソロ本塁打を放ち1点を返すと、7回裏にはウィーラーが適時打を放って1点差に詰め寄る。8回裏には、岡島豪郎外野手が今季第3号のソロ本塁打を放ち3-3の同点とした。

迎えた10回裏、2死二塁の好機を作ると、島内が適時打を放ち試合を決めた。投げては、5番手の福山博之投手が今季6勝目。敗れたオリックスは中盤まで3点をリードするも、以降は投打ともに振るわなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top