ダニエウ・アウベス、パリSG入りで恩師に謝罪「ペップの気分を害したなら…」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ダニエウ・アウベス、パリSG入りで恩師に謝罪「ペップの気分を害したなら…」

スポーツ 短信

ダニエウ・アウベス 参考画像(2017年6月2日)
  • ダニエウ・アウベス 参考画像(2017年6月2日)
  • ダニエウ・アウベス 参考画像(2017年5月17日)
  • マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月5日)
リーグ・アンのパリ・サンジェルマン入団を発表した、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス。マンチェスター・シティ加入に近づいているとされていたが、世界最高峰のサイドバックがドーバー海峡を渡ることはなかった。

なぜ心変わりしたか理由は明かさなかったアウベス。だが入団会見では「ペップ・グアルディオラの気分を害したなら謝りたい」と、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督に謝罪する姿もあった。

「マンチェスター・シティや英国の他クラブからの関心もあった。プレミアリーグは魅力的なリーグだと私はいつも言っていた。それは英国の人々の情熱やサッカーへの接し方によるものだ。シティもプロジェクトも私にとって興味深いものだった。私が加入しなかったことでペップ・グアルディオラを厭な気分にさせたのであれば、謝ることしかできない」

バルセロナで4シーズンをともに過ごしたアウベスとグアルディオラ監督。恩師からの誘いを断ってパリSG入りしたアウベスだが、「自分の決断を後悔することはない」と力強く語った。

「その決断により生じるどんな結果も受け入れることができる。これから始まる次の章が楽しみだ。いままでのように王者であり続けたい」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top