ティエムが2回戦敗退、ミス多く世界ランク42位のハースに敗れる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ティエムが2回戦敗退、ミス多く世界ランク42位のハースに敗れる

スポーツ 短信
ドミニク・ティエム 参考画像(2017年6月19日)
  • ドミニク・ティエム 参考画像(2017年6月19日)
男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは6月21日に男子シングルス2回戦が行われた。第2シードのドミニク・ティエムが世界ランク42位のロビン・ハースと対戦して3-6、6-7で敗れている。

ハースはティエムにブレークポイントを握らせることなく攻めきり、最初のセットを先取してリードする。第2セットは互いに譲らず終盤まで進んだが先にハースがブレーク。ティエムもブレークバックに成功してタイブレークへ持ち込んだが力尽きた。

「生涯最高ではないかもしれないが良いプレーができた」と試合を振り返るハース。大会公式サイトはティエムが44本のアンフォーストエラーを記録したと伝え、勝ち上がるにはあまりにも多すぎたとしている。


今シーズンのクレーコート大会ではリオ・オープン優勝など好成績を残していたティエム。芝では早期敗退となったことに、「クレーでは大きく成長したけどまだムラがある」「ティエムもブレークバックして粘りを見せてたけどミスが多かったね。芝に感覚が合わないのかな」「グラスコートは上位選手の敗退が目立つ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top