UFC初戦を白星で飾った井上直樹、日本人最年少デビューに「すごく緊張しました」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

UFC初戦を白星で飾った井上直樹、日本人最年少デビューに「すごく緊張しました」

スポーツ 短信

UFCファイトナイト・シンガポール 参考画像(2017年6月17日)
  • UFCファイトナイト・シンガポール 参考画像(2017年6月17日)
6月17日に行われた格闘技イベント『UFCファイトナイト・シンガポール』にて、井上直樹がUFCデビューを白星で飾った。カールズ・ジョン・デ・トーマスに3-0で判定勝ちしたあと、20歳の新鋭が喜びを語っている。

井上はプロ戦績10戦無敗の快進撃を続ける日本期待のホープ。大会の直前に20歳になったばかりの若者だ。

対するトーマスも母国フィリピンの格闘技団体で6戦無敗の若手。ともにこの一戦がUFCデビューとなった。

試合は序盤から井上が圧倒。寝技で優位に立つと第2ラウンドには腕十字が極まる。だがトーマスも驚異的な粘りでラウンド終了まで耐えた。試合は第3ラウンドも井上が主導権を握ったまま進め、判定ではジャッジ3人ともフルマークで井上の勝利を支持した。

日本人最年少でUFCデビューを果たした井上は、「すごく緊張しました。すごく広い舞台でやったのは初めてだったので、無事に勝ててよかったなと思います」と硬さを残しながらも笑った。

「海外の選手のパワーを感じることができたので、もう少しパワーを上げる練習や、もう少しスタミナをつけないといけないと思う」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top