レアル退団希望のロナウド、移籍先は欧州ならパリSGかマンU? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レアル退団希望のロナウド、移籍先は欧州ならパリSGかマンU?

スポーツ 選手

クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2017年6月3日)
  • クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2017年6月3日)
レアル・マドリード退団を希望しているとされるクリスティアーノ・ロナウド。今夏の去就に注目が集まっているが、クラブは2021年までの契約を結ぶロナウドに高額な契約解除金を設定している。

ロナウドの母国ポルトガル紙の記者は、実際に移籍するとしても選択肢は多くないだろうと話す。潤沢な資金で世界中からスター選手を集める中国、欧州でのキャリアに一区切りをつけた名選手が参加することも増えた北米メジャーリーグサッカー、そしてパリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドだ。

「彼が何を望むか次第だ」と話す記者は、「中国でプレーして金を得るか、ハリウッドスターたちのいるアメリカでプレーして特別扱いを受けるか、それともチャンピオンズリーグでプレーを続けるのか」と選択肢それぞれの利点を示す。

「私にとっては最後の選択肢こそが彼にとって最高の道だと思う。パリSGやマンチェスター・Uが移籍先になる可能性があると思う。彼はフランスでのプレー経験はない。パリSGを初のチャンピオンズリーグ優勝に導くこともできるかもしれない。あるいはユナイテッドへの復帰もあり得る。彼が人生の中で愛した場所のひとつだ」

地元メディアやファンからの度重なる批判に以前からイラ立ちを見せていたロナウド。マドリードの検察から脱税疑惑で起訴されたことも重なり、ついに堪忍袋の緒が切れたとささやかれている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top