「honey」が実写映画化、2018年春公開 平野紫耀×平祐奈が甘い“初恋”演じる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「honey」が実写映画化、2018年春公開 平野紫耀×平祐奈が甘い“初恋”演じる

エンタメ 出版・映像

「honey」が実写映画化、2018年春公開 平野紫耀×平祐奈が甘い“初恋”演じる
  • 「honey」が実写映画化、2018年春公開 平野紫耀×平祐奈が甘い“初恋”演じる
このたび2012年9月から2015年12月にかけて集英社「別冊マーガレット」にて連載されていた『honey』が実写映画化され、2018年春に公開されることが明らかになった。不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬大雅をMr.KING/ジャニーズJr.の平野紫耀、ヘタレでビビりの女子高生・小暮奈緒を平祐奈がそれぞれ演じ、史上最高に甘い“初恋”を描いていく。

映画単独初主演ながら初の本格ラブストーリーに挑む平野は、自身の髪を実際に赤く染めビジュアルからも役作りに挑む。鬼瀬役については「髪の毛を赤くして「不良」で「S」のようですが、好きな女の子に対しては一途でとてもピュアなので、こんな男子が現れたら絶対モテるだろうなと思います。根はしっかりした子なので、真剣なシーンは目に力を入れて演じたいと思います」との意気込みを語った。
一方の平は、「天使かわいい」女子高生を体現するべく20センチも髪を切り人生初の茶髪に挑戦している。出演に向けて「今回初めて髪を染めて、20cmも切ってドキドキでしたが、心機一転、奈緒ちゃんに近づけるように、まっすぐな女の子を演じられるように頑張っていきたいと思います」とのメッセージを寄せた。

本作でメガホンをとるのは、『ピーチガール』で長編映画監督デビューを飾った神徳幸治だ。「美容院で、髪を赤く染めた平野さんと髪を切った平さんを見た時、原作で大雅が奈緒に出会えたことが運命だと感じたように、僕も2人と『honey』という素敵な作品に出会えたことは運命だと感じました」と語る神徳が、フレッシュな魅力あふれる平野と平が創る『honey』の世界感を描いていく。

そして原作者・目黒あむは平野と平の出演に「笑顔がとても素敵で印象的なお二人だったので、笑顔を大切に描いてきたハニーの世界観にとてもぴったりだなと思いました」とコメント。撮影は2017年5月初旬より約1ヶ月間で行われ、公開は2018年春が予定されている。

『honey』
2018年 春 ロードショー

出演: 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平祐奈
原作: 「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本: 山岡潤平
監督: 神徳幸治
配給: 東映/ショウゲート

(C)2018「honey」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ@アニメ!アニメ!》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top