西武が首位楽天に快勝…菊池雄星は5者連続三振「大化けする年かな」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武が首位楽天に快勝…菊池雄星は5者連続三振「大化けする年かな」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は5月5日、メットライフドームで楽天と対戦。先発の菊池雄星投手が7回1失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-1で勝利した。

西武は4回裏、無死三塁の場面で主砲・中村剛也内野手が今季第8号の2点本塁打を放って2点を先制。その後も炭谷銀仁朗捕手の適時打など打線がつながり、4-0とする。5-1と4点リードして迎えた8回裏には、走者満塁の好機で浅村栄斗内野手が適時打を放って7-1とリードを広げた。

投げては、今季安定した投球を見せる先発の菊池雄星が、5者連続三振を含む9奪三振で楽天打線を封じて今季3勝目。敗れた楽天は、先発の釜田佳直投手が5回途中5失点と振るわず、試合の主導権を握れなかった。

昨年オフ、長年西武の投手陣をエースとして牽引した岸孝之投手が楽天へ移籍。菊池にはエースとしての働きが期待されているが、開幕以降周囲の期待に違わぬ投球を見せている。今季は大いなる飛躍の年となるか。




《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top