ユナイテッドはEL制覇を優先…負傷者復帰もプレミアでの巻返しには「遅すぎた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ユナイテッドはEL制覇を優先…負傷者復帰もプレミアでの巻返しには「遅すぎた」

スポーツ 短信

UEFAヨーロッパリーグで戦列に復帰するポール・ポグバ 参考画像(2017年4月20日)
  • UEFAヨーロッパリーグで戦列に復帰するポール・ポグバ 参考画像(2017年4月20日)
  • マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督(2017年4月16日)
故障者続出に悩まされてきたマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)だが、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝でポール・ポグバとフィル・ジョーンズ、クリス・スモーリングが戦列復帰することが分かった。

ジョゼ・モウリーニョ監督がセルタ(スペイン)とのEL準決勝ファーストレグを前に明かした。

マンチェスター・Uはチーム得点王のズラタン・イブラヒモビッチなど、多くの選手が戦列を離れベストメンバーが組めない状態だった。プレミアリーグとELが続く過密日程にもターンオーバー制が敷けず、4月は苦しい状況が続いた。

4月に行われた公式戦9試合で4勝5分けだったマンチェスター・U。モウリーニョ監督はプレミアリーグでの巻返しを図るには、選手たちの復帰は遅すぎたと話した。

「プレミアリーグに関して言えばもう手遅れだと思う。4月には9試合を戦った。そのうち7試合がプレミアリーグだが我々は多く問題を抱え、離脱している選手が多すぎた。そのために750分や800分プレーしなければならない者もいて、その代償を支払わされた。元気なチームとの対戦を重ねて疲労が蓄積されてきた」

プレミアリーグでのトップ4入りとEL制覇を目指してきたマンチェスター・Uだが、モウリーニョ監督の心は現在より強くELの優勝トロフィーに傾いている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top