「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 日本予選」1日目終了…クレーコートの感覚を確認 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 日本予選」1日目終了…クレーコートの感覚を確認

イベント スポーツ
「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 日本予選」1日目終了…クレーコートの感覚を確認
  • 「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 日本予選」1日目終了…クレーコートの感覚を確認
「全仏オープン・ジュニア2017 ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES 日本予選」1日目が2017年2月28日(火)、横浜カントリー&アスレティッククラブにて開催された。

「全仏オープン・ジュニア2017 ワイルドカード選手権大会 日本予選」は、フランス・パリで開催される「全仏オープン・ジュニア2017 ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES」本戦出場権をかけた大会だ。日本テニス協会が選考した13歳から18歳までの男女各8名が戦い、優勝者男女各1名が本戦へと出場する。

2月28日(火)は、日本予選1日目を開催。8試合が行われた。それぞれの選手は、クレーコートの感覚を入念に確認してから試合に挑んだ。試合が始まると、タイブレークに突入するコートなどもあり、熱い戦いが繰り広げられた。1日目を終え、羽澤慎治、阿多竜也、川上倫平、白石光、永田杏里、田中李佳、細木咲良、内島萌夏の8名が勝ち上がった。

羽澤選手は試合を終え、「ラリーが長くなり、攻めも守りも回数が増えることで、イライラしてしまう場面もありましたが、全体的には試合を楽しむことができました。初戦で勝つことができたので、明日の試合に集中して頑張っていきたいです」とコメント。

永田選手は、「ハードコートだったら勢いで決まるところも、クレーコートでは2、3回拾われてしまうので、自分もしつこくいかなければなりませんね。今日は、なかなか自分のプレーを出すことができないこともありました。明日からはサーブからの展開を意識して、様々な種類のサーブを使い分けて、自分主導のプレーができるように頑張ります」と述べている。

■試合結果
・○羽澤 慎治2-0〈6-3,7-5〉市川 泰誠×
・○阿多 竜也2-1〈3-6,6-2,6-3〉松田 龍樹×
・○永田 杏里2-0〈7-5,6-2〉光崎 楓奈×
・○田中 李佳2-1〈6-4,4-6,6-3〉佃 李佳×
・○川上 倫平2-0〈7-6 (4),6-4〉河野 甲斐×
・○白石 光2-0〈6-3,7-6 (0)〉トゥロター ジェームズ×
・○細木 咲良2-1〈7-6 (5),6-2,3-6〉川村 茉那×
・○内島 萌夏2-1〈3-6,6-2,6-2〉佐藤 光×
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top