アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売

新着 製品/用品

アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売
  • アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売
  • アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売
  • アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売
  • アキレス、ランニング障害の軽減に配慮したシューズ「メディフォーム」発売
アキレスは、スポーツ・ランニング障害の軽減に配慮したランニングシューズ「MEDIFOAM(メディフォーム)」を3月下旬より発売する。

「メディフォーム」は、同社が開発した新ポリウレタン素材のメディフォームを搭載したランニングシューズだ。膝や腰の故障が原因でランニングをやめてしまうという問題の解決に向けて開発。

スポーツ科学専門家やアスリートによる評価修正、改良を重ね、無理せずに楽に走ることができ、速く走ることではなく、走りながらのリラクゼーション&リカバリーに配慮したランニングシューズとなっている。

新ポリウレタン素材のメディフォームは、一般的にソールに使われている素材と比較してEVA比15%向上、他社PU材比13%向上した衝撃吸収性、EVA比53%向上、他社PU材比5%向上した反発弾性、EVA比約4倍、他社PU材比約3倍の耐久性を持つ。ミッドソールにメディフォームを使用し、他の素材やパーツを組み合わせることでシューズ内で足がぶれにくくなっている。

ユーザーのレベルや使用シーン別に3タイプ10色を展開する。価格はレースにも対応可能なフラッグシップモデル「MFR 1000」9,800円、シリアスランナーのセカンドシューズ用「MFR 1010」12,000円、ストリートランナーのセカンド・サード用「MFR 1020」12,000円。各税抜き。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top