アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加

イベント スポーツ
アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
  • アディダス、トレーニングイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」に約1700名が参加
アディダス ジャパンは、6種類の最新トレーニングプログラムが一度に楽しめるイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」を2017年2月11日(土)、12日(日)に東京タワーで開催した。

2月11日(土)にはイベントに先立ち、「NEW ADIDAS TRAINING 発表会」を実施。同社契約アーティストのGENERATIONS from EXILE TRIBE、伊達公子、井岡一翔をはじめとする同社契約選手、トレーナーら総勢19名がゲストとして参加した。

発表会では、同社副社長 マーケティング事業本部長 トーマス・ セイラーが「アディダス トレーニングは、パフォーマンスの向上を目指すアスリートの終わることのない追及心、また、ゴールに至るまでのプロセスに焦点を当てており、そこで生まれるクリエイティビティをサポートしていきたいと考えています。

彼らがクリエイティビティをもっともっと発揮できるよう、トレーニングコンテンツの提供など様々なサポートを行ってまいります」と、アディダストレーニングの新戦略を発表。

2017年春夏シーズンより、「NEVER DONE ~夢中に、敵うものなんてない。~」をメッセージに掲げ、これまでのトレーニングに対しての「やらなきゃ」という意識を「やりたい」という思いに変える新常識を打ち出していく。

ゲストによるトークショーでは、現役テニス選手として活躍する伊達が「トレーニングと聞くと、きつい、継続が難しいといったイメージがあるかもしれないが、汗をかくこと・身体がほぐれることが楽しいと思うまで少しがんばって続けてみると”やらなきゃ“から”やりたい“に変わると思います」とコメント。各ゲストもトレーニングの重要性について語った。

発表会終了後には、「ADIDAS TRAINING ZONE」を開催。6種類の最新プログラム FEELCYCLE、FUNCTIONAL TRAINING、GYM&RUN、KICK BOXING、SHINDO、YOGAを行った。2日間開催されたイベントには、合計約1,700名が来場。大盛況のうちに幕を閉じた。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top