日本の駐車事情向けキャンピングトレーラー…インディアナ・RV | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本の駐車事情向けキャンピングトレーラー…インディアナ・RV

去る2017年2月2~5日に幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー」。駐車事情でなかなかトレーラーに手が出せなかったキャンパー向けに、インディアナ・RV(神奈川県綾瀬市)はコンパクトな『エメロード330』を出品していた。

新着 製品/用品
インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
  • インディアナ・RV「エメロード330 Vエディション・プレミアム」
去る2017年2月2~5日に幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー」。駐車事情でなかなかトレーラーに手が出せなかったキャンパー向けに、インディアナ・RV(神奈川県綾瀬市)はコンパクトな『エメロード330』を出品していた。

欧州のキャンプングトレーラー販売で実績のある同社は、これまでも日本独自の使用環境に応じた車両を提案してきた。今回はより日本のインフラに合わせてサイズをコンパクトにしたというもの。

トレーラーでありながら全長5m、全幅2.1m、全高2.58mのサイズは、日本における普通車の駐車区画に入る大きさ。このサイズでありながら、4名の就寝定員が取れる室内レイアウトとなっている。前後に2か所のテーブルセットがあり、更にトイレルームも完備しているのは驚きだ。しかもけん引免許は不要である。

「エメロードというトレーラーは、もとはフランスのトリガノ社の製品ですが、330はそれをベースに、インディアナ・RVの企画が加わった日本専用機種。実は本国でもこれを逆導入し始めています。コンパクトでも使い勝手の良さが認められたんでしょう」と言うのは同社の降旗貴史代表。

バリエーションはベース車両の「フリースタイル」(198万円)と、装備が充実した「Vエディション・プレミアム」(展示車両268万円)の2タイプ。Vエディション・プレミアムはLPガスの充てんに支障の出てきた日本の使用環境を考慮して、ヒーターを灯油燃焼式のFFヒーターに変え、コンロ及び冷蔵庫はどこでも入手しやすいカセットガス式となっている。

【キャンピングカーショー2017】日本の駐車事情にマッチしたキャンピングトレーラー…インディアナ・RV

《嶽宮 三郎@レスポンス》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top