ソフトバンクがスポナビライブを値下げ…DAZNと提携のドコモに対抗 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンクがスポナビライブを値下げ…DAZNと提携のドコモに対抗

スポーツ 短信
テレビ イメージ
  • テレビ イメージ
ソフトバンク株式会社は2月8日、スポーツライブ中継サービス『スポナビライブ』について、2017年3月16日からフルHD対応など機能を拡充し、通常料金も月額3000円から月額1480円に改めることを発表した。

今回の改定が同日に発表された『DAZN for docomo』を意識してのものであることは間違いない。Jリーグを独占中継するスポーツライブ配信サービス『DAZN』と携帯キャリア大手ドコモが提携し、通常料金1750円がドコモユーザーは980円になると発表されたのを受け、ソフトバンクも数時間後にプレスリリースを公開。


今回の発表でソフトバンクは通常料金を下げただけではなく、Yahoo! JAPANが提供する月額会員サービス「Yahoo!プレミアム」(月額462円)に加入していれば、他社のスマートフォン、タブレットを使っているユーザーもソフトバンクユーザーと同じ月額980円でスポナビライブを利用できるとした。

また、3月16日以降はAmazon Fire TVやAndroid TV などさまざまなデバイスでのテレビ視聴に対応していくほか、最大4台までのデバイスで同時視聴が可能になることも発表された。

こうした動きにスポーツファンからは、「docomoユーザーの自分は両方契約しても2500円。この値段なら考える」「スポナビライブからのドコモはフットワークが軽かった。残されたauはどうする?」「DAZNと組んだドコモが強い感じする。ソフトバンクはコンテンツ次第。auは完全に乗り遅れた」「docomoユーザーな私にはかなり朗報」「3月16日以降に申し込むとソフトバンクユーザーは実質値上げ」などの声が聞かれる。

●フルHD不要のソフトバンクユーザーは、3月15日までに申し込むのがお得
これまでソフトバンクユーザーは月額500円でスポナビライブを利用できたが、今回の改訂によりフルHD版への移行で980円に値上がりする。さらにHD版のスポナビライブは3月15日で新規申し込みを停止する。

フルHD画質不要のユーザーにとっては負担増だが、3月15日までにHD版スポナビライブに申し込んでいれば、以後も同じサービスを同価格で受けられることも発表された。画質はHDで十分、その分は価格を抑えたいと考えているなら3月15日までの入会がお得だ。

※価格はすべて税抜き。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top