世界最年少の国際レース「ストライダーカップ」、初のアジア大会 11月5-6日 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界最年少の国際レース「ストライダーカップ」、初のアジア大会 11月5-6日

新着 ビジネス
ストライダーカップ アジア チャンピオンシップ(イメージ)
  • ストライダーカップ アジア チャンピオンシップ(イメージ)
  • ストライダーカップ アジア チャンピオンシップ(イメージ)
  • ストライダーカップ アジア チャンピオンシップ(イメージ)
ストライダージャパンは、幼児向けランニングバイク「ストライダー」を使用した世界最年少の国際レース「ストライダーカップ アジア チャンピオンシップ<We are ONE 世界はひとつだ。>」を11月5日・6日に東京・お台場で開催する。

ストライダーは、米国発の「足で地面を蹴って進む、全く新しい幼児向けランニングバイク」。2009年より日本での販売を開始し、現在では35万台以上を売り上げ、世界累計販売台数は150万台を突破している。

初のアジア大会となる今大会では、日本・中国・韓国・香港・タイなど、ストライダーを販売しているアジア約13か国で選手を募集し、2~5歳の年齢別にレースを行う。

開催地である日本からは、2歳から6歳までの840名の子どもたちが参加。さらに、中国11名、韓国9名、香港12名、台湾7名、タイ10名、1名、マカオ1名、インドネシア1名、マレーシア5名、海外から57名の子どもたちも参加を予定している。

当日は特別企画として、5人乗りのストライダーで約40メートルの直線レースを行う、世界初の「各国混合のムカデレース」も実施する。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top