さいたまにツール・ド・フランス4賞ジャージが集結…クリテリウムはサガンが制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

さいたまにツール・ド・フランス4賞ジャージが集結…クリテリウムはサガンが制す

スポーツ 短信
2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
  • 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(10月29日)
今年で4回目の開催となるツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが10月29日、さいたま新都心駅周辺で開催された。海外招聘選手らが出場するクリテリウムメインレースではペーター・サガン(ティンコフ)が優勝した。

さいたまスーパーアリーナ内もコースの一部となっている約3.1kmの特設コースでクリテリウムメインレースの他、個人タイムトライアル、ポイントレース、クリテリウムメインレースも行われた。

2016ツール・ド・フランスに参加したチームおよび選手から、個人総合優勝を果たしたクリス・フルーム(スカイ)を筆頭にトップ選手がさいたまに集結。フルームに加え、4回目の開催で初めてポイント賞獲得のサガン、山岳賞獲得のラファル・マイカ(同)、新人賞獲得のアダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)とツール・ド・フランス4賞ジャージ獲得選手がさいたまに顔をそろえた。

ツール・ド・フランス4賞ジャージ獲得選手がさいたまを走る

今年は本場ツール・ド・フランスの沿道で応援する姿が人気の“悪魔おじさん”も来日しており、日本のファンにとともに選手に声を張り上げ、レースを盛り上げた。

悪魔おじさん

クリテリウムメインレースは後半、ツール・ド・フランス ジャパンチームの別府史之(トレック・セガフレード)と新城幸也(ランプレ・メリダ)が逃げに乗り見せ場を作る。

新城幸也(左)と別府史之

メイン集団の追走に別府がひとりになっても踏ん張ったが吸収される。すると今度は、全日本チャンピオンジャージを着る初山翔(ブリヂストンアンカー)がフルーム、サガン、イェーツによる3名の逃げに乗った。レース後に「後半にレースが動く」と予想していたと語った初山だが、見事に狙いを的中させさいたまに集まったファンを沸かせた。

左からサガン、フルーム、イェーツ、初山翔

しかし、最後は4名のスプリント勝負となり、世界選手権二連覇を達成したばかりのサガンが実力を見せ付けゴールラインで雄叫びをあげた。

サガンがスプリントを制す

優勝したサガンは「街の声援のおかげで勝てることができた。僕への声援も多かった」とファンの応援に感謝し、3度目の出場で初の栄冠となった。2位に初山、3位にフルームが入っている。

サガンが初優勝

また、ポイント賞はマルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)、山岳賞にロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラモンディアル)、最優秀新人賞にイェーツ、敢闘賞には別府が選ばれている。総合1位チームはティンコフ、日本人総合1位チームはブリヂストンアンカー。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top