全国ビーチサッカー大会、フュージョンが初優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全国ビーチサッカー大会、フュージョンが初優勝

イベント スポーツ
全国ビーチサッカー大会、フュージョンが初優勝
  • 全国ビーチサッカー大会、フュージョンが初優勝
沖縄県宜野湾市のトロピカルビーチで10月16日、第11回全国ビーチサッカー大会準決勝・決勝が開催された。

準決勝は午前中に実施。ピッチAでは、地元チームのソーマプライア沖縄と前回大会覇者のドルソーレ北九州が戦った。試合は終了間際にソーマプライアの斉藤がオーバーヘッドで勝ち越しゴールを決め、4-3で決勝へ駒を進めた。


ピッチBでは、タヒチ代表選手などを擁するフュージョンと前回大会準優勝の東京レキオスBSが対戦。試合は終盤までもつれたが、終了間際にフュージョンの後藤がゴールを決めて3-2で勝利。フュージョンが初の決勝進出を果たした。


決勝は、僅差の試合を制して勝ち上がってきたソーマプライアと、準決勝までの6試合で32得点を挙げたフュージョンの対戦となった。フュージョンは、開始早々にオウンゴールで先制すると、7分にタイアルイがPKを決めて2点リードした。

ソーマプライアは第2ピリオドで日本代表GK 照喜名辰吾のキーパーシュートで得点を狙うも、同じく日本代表の茂怜羅オズにゴール前で跳ね返された。

最終ピリオド、フュージョンの後藤がオーバーヘッドを決めてリードを3点差に広げるも、ソーマプライアが3点を返し同点に。試合は延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入。フュージョンがPK戦を2-1で制し、初優勝に輝いた。


《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top