レッドブルとコラボ、アストンマーティンのハイパーカー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レッドブルとコラボ、アストンマーティンのハイパーカー

新着 製品/用品
アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・スペシャル・クリエイティブ・オフィサー マレク・ライヒマン 氏
  • アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・スペシャル・クリエイティブ・オフィサー マレク・ライヒマン 氏
  • アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン AM-RB 001
  • アストンマーティン AM-RB 001
アストンマーティンは10月3日、F1チームのレッドブル・レーシングと共同開発したハイパーカー『AM-RB 001』のコンセプトモデルを都内で日本初公開した。限定150台を生産、販売し、価格は3億円前後の見通しだ。

開発を手がけたアストンマーティンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・スペシャル・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマン氏は「このクルマはレッドブル・レーシングチームとの良好な関係のもと、すべて勝利に向けて造られたもので、非常に特別で革新的でユニークなモデルになる」と紹介した。

特別で革新的な理由としては「パワー・ウェイト・レシオが1対1であること。またデザインがレッドブル・レーシングチームのチーフ・テクニカル・オフィサーでF1マシン・デザイナーのエイドリアン・ニューウェイ、私、そしてデザインチームの3者でコラボレーションによるもの、また公道でもサーキットでも走行できること」などをあげた。

さらに「グランド・ダウン・エフェクトがゼロとなっており、すべての空気がエンジンやブレーキを冷却させるため、ダウンフォースを発生させるように設計されており、すべてはエンジニアリング技術、そしてデザインの結晶となっている」と強調した。

その上で「この1台が目指したのは、ダイナミックでありながらも、きちんと実際に乗って使えること。このクルマは低スピードでもとても楽しみながら運転することができる」と話した。

AM-RB 001のスペックに関しては自然給気V12エンジンをミッドシップした2シーターで、パワー・ウェイト・レシオであるということが明らかにされている。またAM-RB 001はコードネームで、ライヒマン氏は「今後名前を変えることを約束する」と述べていた。

【アストンマーティン AM-RB 001】レッドブルとのコラボレーションにより誕生

《小松哲也@レスポンス》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top