パラ卓球・吉田信一、あだ名は「金髪の卓球王」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パラ卓球・吉田信一、あだ名は「金髪の卓球王」

株式会社スヴェンソンは、10月1日(土)、都内で、日本郵便株式会社とJPビルマネジメント株式会社に協賛し、共同でスポーツイベント「秋のスポーツフェスタ in KITTE」を開催した。

イベント スポーツ
吉田信一
  • 吉田信一
  • パラ卓球・吉田信一、あだ名は「金髪の卓球王」
  • 岩渕幸洋
  • 別所キミヱ
株式会社スヴェンソンは、10月1日(土)、都内で、日本郵便株式会社とJPビルマネジメント株式会社に協賛し、共同でスポーツイベント「秋のスポーツフェスタ in KITTE」を開催した。

ベント内ではまず、パラ卓球日本代表の別所キミヱ、吉田信一、岩渕幸洋選手と帯同コーチの立石イオタ良二さんによるトークショーが行われた。

立石イオタ良二コーチは、3選手を「僕らパラ卓球のチームは、皆さん個性が強く、心も強い」と紹介し、「吉田さんは今回、あだ名が付いておりまして、金髪の卓球王でした」と話した。すると、吉田信一選手は「今回、リオに行く前に、色を抜いていこうかと思ったのですが、(毛染めが)売り切れで。いつも自分でやっているのですが、それができなかったので、ちょっと力が入らなかった」と、リオでの苦悩を話した。

-リオパラリンピックを振り返り

別所キミヱ
最初は、いろんなことが噂になってて、不安があったのですが、現地に行ったら、在住の方もたくさんいまして、そちらの方の応援とかもあり『ジャポン、ジャポン』というたくさんの応援の中で、プレーができたというのは、本当に素晴らしく、会場は満員でした。日本だけだはなく、どこの国に対しても熱い応援が繰り返され、その思い出が残っています。

吉田信一
今回初めて、参加させていただいたのですが、すごくいい雰囲気の中で、ゲームができて、楽しめた大会でした

岩渕幸洋
こういった舞台はもちろん、初めてですし、これでもかというくらい緊張して、本当に特別だなというのを感じました。4年間、そこに向けて頑張ってきて、自分の力を出せたか、出せなかったかは、あったと思うんですが、本当に特別な、見てるこっちも緊張がひしひしと伝わってくるような、そんな舞台でした.
《荒井隆一》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top