GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場

アクションカメラのなかでも絶大な人気を誇るGoPro。米国カリフォルニアで9月19日(現地時間)に行われた新モデル発表会に続き、東京都内でも9月28日にメディア向けプレゼンテーションが行われた。

新着 製品/用品
GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
  • GoPro、新モデル「HERO5 Black」発表…ドローン「Karma」も登場
アクションカメラのなかでも絶大な人気を誇るGoPro。米国カリフォルニアで9月19日(現地時間)に行われた新モデル発表会に続き、東京都内でも9月28日にメディア向けプレゼンテーションが行われた。

2001年にサーファーで現CEOのニック・ウッドマン氏が設立したGoPro。サーフィン、スノーボード、スカイダイビング、自転車といったアクティビティーでの撮影に利用され、瞬く間に動画の世界を席巻し、これまで考えもしなかったシーンでの映像は我々をうならせた。手頃な値段で一般ユーザーも増え、ソーシャルメディアにはGoProで撮った映像があふれた。

今やアクションカメラの代名詞ともなったGoProは、新モデルにも小さなボディーに最新技術による魅力が詰め込まれている。

新モデル『HERO5 Black』は、前モデルHERO4から続く4K画質(30fps)の高画質動画撮影はもちろん、2インチタッチパネルの採用でより操作性がシンプルになり、日本語を含む7つの言語でのボイスコントロールも可能になった。また、ハウジングなしで10mまでの防水を実現している。

HERO5 Blackはこれまで以上に場所を選ばす、手軽に映像を記録できるアクションカメラに仕上がっている。10月3日発売開始予定で、価格は4万7000円(税抜き)。



また、キューブ型デザインが特徴の『HERO5 Session』も登場。こちらもHERO5 Black同様に、ボイスコントロールや防水性能でアップグレードとなった。10月3日発売開始予定で、価格は3万6000円(税抜き)。

そして今回の発表で最も注目を浴びたのがGoProによるドローン『Karma』だ。コンパクトに折りたためるボディー、3軸カメラスタビライザーの装備、ディスプレーのあるコントローラーなどは、GoProが『ドローンを超えたドローン』と掲げる自信作だ。


米国で10月23日に発売予定だが、国内の発売時期は未定。米国ではKarmaのみ(GoProカメラ無し)が799.99ドル、KarmaとHERO5 Blackのセットが1099.99ドル、KarmaとHERO5 Sessionのセットが999.99ドル(2017年初頭発売)で用意される。

《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top