競泳・入江陵介、三重での国内最終合宿終了…いよいよ「ブラジルへ!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

競泳・入江陵介、三重での国内最終合宿終了…いよいよ「ブラジルへ!」

スポーツ 短信

競泳・入江陵介、三重での国内最終合宿終了…いよいよ「ブラジルへ!」
  • 競泳・入江陵介、三重での国内最終合宿終了…いよいよ「ブラジルへ!」
  • 競泳・入江陵介、三重での国内最終合宿終了…いよいよ「ブラジルへ!」
競泳・リオデジャネイロ五輪日本代表の入江陵介が7月14日、三重県での国内最終合宿が終了したことをSNSで報告した。

インスタグラムで入江は、練習中の写真を投稿。「ラストメインもキツかったです…追い込み続ける。」とハードな練習に区切りをつけ、本大会への意気込みを表している。ツイッターでは「来週からブラジルへ」といよいよ開催国へ乗り込むと報告した。

ファンからは、「リオでも最高の笑顔の入江君がみたいです!」「入江選手の本気度合い、迫力を感じます!頑張ってください!」「家族みんなで応援してます!」などエールを送るコメントが寄せられていた。

競泳日本選手団34名のうち16名が7月4日から三重県で合宿を行っていた。入江のほか、競泳日本選手団最年長の松田丈志、16歳の池江璃花子らも参加していた。

入江は3大会連続での本大会出場となる。前回のロンドン五輪では背泳ぎ200メートルで銀メダルを獲得した。今大会は、背泳ぎ100メートルと200メートルに出場する。


《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top