JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力

ライフ 社会

タブレットを活用した「笑顔講座」のイメージ
  • タブレットを活用した「笑顔講座」のイメージ
日本航空(JAL)は、資生堂の「笑顔講座」のデジタルコンテンツ化に客室乗務員が協力すると発表した。

資生堂が化粧品・美容情報の開発を通じて、長年蓄積してきた「顔・表情の印象研究」をベースに構築した「笑顔講座」のデジタルコンテンツを、JALの客室乗務員約5000人のタブレット端末に7月~9月までの3か月間試験運用する。

デジタルコンテンツは、人の目で主観的に判定してきた笑顔を、タブレット端末のカメラ機能で撮影・認証し、「数値化」、「印象判定」、「記録」することで、他人に与える笑顔の印象を客観的に分析するもの。また、資生堂独自の表情筋エクササイズを行うことで、豊かな表情や笑顔力を磨くことができる。

デジタルコンテンツ化により、客室乗務員は時間と場所を問わず「笑顔講座」の内容を習得できる。

また、客室乗務員は自分を客観視しながら、表情筋トレーニングを行うことで、コミュニケーションにおいて重要な「笑顔力」を磨き、より高品質な機内サービスの実現に結びつける。
《レスポンス編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top