水原希子、セクシーチャイナドレス姿で登場『高台家の人々』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

水原希子、セクシーチャイナドレス姿で登場『高台家の人々』

エンタメ 出版・映像

『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
  • 『高台家の人々』上海国際映画祭 水原希子
現在公開中の綾瀬はるか主演映画『高台家の人々』。この度、本作が「第19回上海国際映画祭」パノラマ部門の正式招待作品として、今月17日(現地時間)に上映され、出演する水原希子が舞台挨拶を行った。

口下手で不器用な女子・平野木絵(綾瀬はるか)は、得意の“妄想”で何かと自分の世界に入り込みがち。ある日、木絵の勤めるオフィスに名門「高台家」のイケメンエリート・高台光正(斎藤工)が転勤してくる。決して交わるはずのない2人。しかし、不思議なことに光正は木絵に惹かれていく。それにはある理由が…。光正は人の心を読める“テレパス”だったのだ。心を読めるがゆえに人間関係に辟易していた光正にとって、木絵の奇想天外な妄想と、純粋で温かい心の声は心地よかった。順調に交際する2人に名家“高台家”という壁が立ちはだかる。釣りあわない恋だと2人の関係を許さない光正の母。そして“テレパス”が2人の関係を変えていくことに――。

海外での上映は、4月にイタリアで開催されたヨーロッパ最大のアジア映画祭「第18回ウディネ・ファーイースト映画祭」コンペティション部門での上映に続き、今回で2回目。「上海国際映画祭」は、アジア最大級の国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭で、19回を迎える今回は6月11日~6月19日の期間で開催されている。本作が招待されているパノラマ部門は、国際的な映画製作者たちにその作品を発表する機会を設けると共に、観客やメディアに世界の映画のトレンドを伝えることを目的としており、今年は48の国や地域より、445もの作品が上映される予定だ。

この日、会場である上海フィルムアートセンターのロビーにて行われたレッドカーペットアライバルには、約400人以上のギャラリーが詰め掛け、上海の雰囲気に合った大きくスリット入りの黒い艶やかなチャイナドレス姿で水原さんが登場すると、集まったファンの視線を釘付けに。引き裂かれんばかりの大歓声に迎えられた水原さんは、緊張した表情も見せず押し寄せるファンの中、満面の笑みで写真撮影に応じていた。

その後に行われた上映には、発売日当日に瞬殺で完売したという上映チケットを入手した幸運な約450人の観客が来場し場内は満席に。上映前の舞台挨拶では、上海国際映画祭初参加となる水原さんが「こんにちは! 私は上海人です」と流暢な上海語で挨拶すると、会場内は大盛り上がり。上海での人気ぶりがうかがえた。また、上海国際映画祭に参加した感想を聞かれると、「とても緊張しているけど、参加することが出来て光栄です。自信を持って楽しもうと思います」とコメント。そして「この映画は日本のみならず、上海の人も共感してもらえるような素敵な作品なので、楽しんでもらえると思います。“みんな、ありがとう!(上海語で)”」と想いを語り締めくくった。

『高台家の人々』は全国にて公開中。

水原希子、セクシーチャイナドレス姿で流暢な上海語を披露! 『高台家の人々』

《編集部@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top