元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導

イベント スポーツ

元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導
  • 元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導
  • 元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導
  • 元サッカー日本代表・三浦淳寛、熊本県立大津高校で直接指導
大塚製薬は、部活に励む高校生を応援する「インハイエール! Supported by POCARI SWEAT」を6月13日に熊本県立大津高等学校で実施した。スポーツ界のレジェンドが高校生を直接指導する企画だ。

インハイエール!は、部活を頑張る高校生を応援する「エールと、ともに。」プロジェクトの一環として、同社が東京FM『SCHOOL OF LOCK!』と組んで開催。

今回の訪問先は、熊本地震により練習が困難になってしまったサッカー強豪校の大津高等学校。2000年シドニー五輪の日本代表メンバーとして活躍した三浦淳寛さんがサッカー部員30名に直接指導を行った。

三浦さんは組織的な守備から攻撃まで指導し、「サッカーをやっている間は、震災を忘れ、一生懸命頑張って欲しい」と部員を励ます。強豪校ながら今年のインターハイ出場は逃した部員からは、「インターハイの雪辱を返したい」と意気込みが聞かれた。

イベントを終えた三浦さんは「技術は非常に高く、毎日考えながら練習に取り組めば、優勝も夢ではない」とコメント。「冬に向けてチーム一丸となってレベルアップを目指してほしい」とエールを送った。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top