竹内結子の年齢に大学生ざわつく! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

竹内結子の年齢に大学生ざわつく!

エンタメ 芸能

前川裕&竹内結子&西島秀俊&黒沢清監督/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 前川裕&竹内結子&西島秀俊&黒沢清監督/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 竹内結子/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 竹内結子/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 竹内結子&西島秀俊/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 竹内結子&西島秀俊/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 前川裕/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 黒沢清監督/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
  • 竹内結子&西島秀俊/『クリーピー 偽りの隣人』法政大学トークイベント
西島秀俊、竹内結子が6月6日(月)に法政大学で行われた映画『クリーピー 偽りの隣人』の試写会の上映後トークイベントにサプライズで乱入! 学生たちから熱烈な歓迎を受けると共に、学生との質疑応答を行なった。

“クリーピー”には「不気味な」という意味があり、ある夫婦が奇妙な隣人への疑惑と不安から闇への引きずり込まれていくさまを描く。原作者・前川裕が法政大学で教授を務めていることもあり、上映後の前川先生と黒沢清監督のトークが告知されていたが、サプライズで西島さん、竹内さんが登場すると、ホール内に轟音のような歓声と「ヤバい!」「カワイイ」「カッコいい!」といった絶叫がこだました。

竹内さんは満面の笑みを浮かべて学生に手を振り「私自身は大学の経験がないので、いいなぁって思います」とキャンパスライフへの羨望を語り、映画の中で犯罪心理学の教授を演じた西島さんも「こんな大きな講堂じゃなかったので、いまは緊張してます」と学生の熱狂ぶりに驚いていた。

「もしも学生時代に戻れるなら?」という質問に西島さんは「僕は、学生のころはリュックを背負って一人旅をしてました。この歳になるとそれもなかなかできないので、またひとりでブラっと行きたいですね」と語り、学生に向けて「もうちょっと経つと経験できなくなるので」と旅を勧めていた。

竹内さんは、脳内の大学生のイメージそのままに(?)「合コンしたり、サークルをやってみたい!」とノリノリ。竹内さんは高校生のころから芸能界で仕事をしているが、あまりしっかりと勉強しなかったことに後悔があるようで「なんでたかだか3年が我慢できなかったのか…? 勉強したいです」と明かした。

就職活動に直面するも「やりたいことが見つからない」という学生も多いようだが自身の経験に基づきアドバイスを求められると西島さんは「僕も同じように将来、何になりたいか分からずに考えて、お金が入らなくても、これだけをやっておけば人生で後悔しないことは何か? と考え、映画の現場で仕事がしたいと思い、高校の9つ上の先輩の縁で映画の世界に入った」と明かし「好きなものを見つけるのは大変だなと思います」としみじみ。

竹内さんは高校入学を控えた春に「原宿を歩いてたら拾われた」と思わぬ芸能界入りのきっかけを明かし「いろんな体験をするうちに『この仕事を続けたい』と思いました。好きなものを見つけるのも大事だけど、続けることも大事だと、36歳にして思います」と語ったが、竹内さんが36歳という事実に講堂がざわつく…。

竹内さんは笑みを浮かべ「好きだから苦しいことがやれるし、好きだからこそあきらめが悪い…」と好きなものをやり続ける難しさを説き、西島さんもこれにうなずき「最初の『好き』からは変わっていくけど、どんなジャンルでも掘っていくといろんなものが見つかります」と未来に不安と期待を持つ学生たちにエールを送った。

また西島さん、竹内さんから逆に学生たちに質問する一幕も! 西島さんは若いころ、映画や音楽にお金を費やしていたことを明かし、いまの学生たちは何にお金を遣うのかと質問。映画を観に行く学生が意外と多いことを喜びつつ、メイクや化粧品に使うという女子学生の多さに「なんだ! こんなに多いのか!」と驚き、イマドキの学生たちの生態に興味津々だった。

ちなみに西島さんは昔、理由は定かでないものの同大学の学食を利用したことがあるそうで、学生たちからは驚きの声が上がっていた。

『クリーピー 偽りの隣人』は6月18日(土)より全国にて公開。

竹内結子の年齢に大学生ざわつく!「カワイイ!」

《text:cinemacafe.net@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top