カープ新井貴浩、2000本安打達成の喜び報告「1本1本を丁寧に」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カープ新井貴浩、2000本安打達成の喜び報告「1本1本を丁寧に」

スポーツ 短信

新井貴浩 参考画像 かつて日本代表でのプレーも(c)Getty Images
  • 新井貴浩 参考画像 かつて日本代表でのプレーも(c)Getty Images
  • 新井貴浩がブログでファンに報告
  • 新井貴浩がブログでファンに報告
広島カープの新井内野手が4月26日、ブログを更新。日本プロ野球界で史上47人目となる2000本安打を達成したことをファンへ報告している。

同日、神宮球場で行われたヤクルト戦で新井は、4番ファーストで出場した。3回の2打席目でヤクルトの先発・成瀬善久投手からタイムリーツーベースを打ち、通算2000本安打を記録。その後も新井は、7回の4打席目にもヒットを打ち、記録を2001本へ伸ばした。

試合は、広島打線が爆発し、3-11でヤクルトに快勝している。

この日は、「感謝」とエントリー。「今日も真っ赤なスタジアムに包まれ 勇気をいただき2000安打を達成することができました。」と新井。

現在39歳の新井は、プロ18年目。自身の野球人生に関わる全ての人々、家族の支えもあった中で、「今日という日を迎えることができました。」と感謝の言葉をつづった。

最後に新井は、「優勝を目指してこれからも1本1本を丁寧に積み重ねていきたいと思います。」と今後の意気込みを示し、ブログを締めくくっている。

ファンからは、「ついに、ついに!新井2000本安打おめでとう!」「これからもどんどん打ってくれ!」「広島の誇りやな!」「カープのユニフォームでの達成は嬉しい!」「名球会に入れるな」「今年、広島の優勝あるかも」などのコメントが寄せられていた。
《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top