「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売

新着 衣類

「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売
  • 「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売
  • 「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売
  • 「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売
  • 「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルが4/23発売
AOKIが展開する「ORIHICA」は、「川崎フロンターレ オフィシャルスーツ」レプリカモデルを2016年4月23日(土)より発売する。

J1に所属するサッカークラブ「川崎フロンターレ」のオフィシャルスーツサプライヤーである同ブランドは、サポート活動の一環としてオフィシャルスーツを提供。選手が公式行事や移動・遠征時に着用している。今年度は、昨年のサプライヤー契約10年目を記念して、上下の色が異なるジャケパン(ジャケット+パンツ)スタイルを継続展開している。

今回、フロンターレカラーのサックスブルーを随所に取り入れたオフィシャルスーツのレプリカモデルを一般発売。同時に、オフィシャルネクタイの販売も行う。スーツは、パターンオーダーでの受付となる。

ジャケットは、ブラックとネイビーをミックスさせた色味が特長の生地を採用。オールシーズン着用できる。襟裏には、フロンターレカラーのサックスブルーを使用。ジャケット内側には、クラブ設立20周年を記念した「川崎フロンターレ20周年オリジナルネーム」が施されている。

パンツは、微光沢のある生地を採用。フロントのボタンホール糸にはサックスブルーを使用し、アクセントを与えている。オフィシャルネクタイは、クラブ設立20周年ユニフォームをイメージしたデザインを採用。大剣部分には、20周年記念ロゴを刺繍している。

メンズスーツはサイズ Y・A・AB・BB体各3~9号、レディスは5~17号。価格 45,800円。販売数は限定約200着。ネクタイは、価格4,900円。すべて税抜き。販売はORIHICAにて行う。レディスは7店舗限定。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top