松田龍平主演『モヒカン故郷に帰る』細野晴臣の主題歌「MOHICAN」解禁 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松田龍平主演『モヒカン故郷に帰る』細野晴臣の主題歌「MOHICAN」解禁

エンタメ 出版・映像

『モヒカン故郷に帰る』主題歌 細野晴臣「MOHICAN」  - (C) 2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 『モヒカン故郷に帰る』主題歌 細野晴臣「MOHICAN」  - (C) 2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 松田龍平 (c)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 『モヒカン故郷に帰る』 - (C) 2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 松田龍平、デスメタルを熱唱/『モヒカン故郷に帰る』(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 松田龍平、デスメタルを熱唱/『モヒカン故郷に帰る』(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • (c)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
  • 『モヒカン故郷に帰る』 (c)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
モヒカン頭の松田龍平が、前田敦子演じる身重の恋人とともに久しぶりに帰郷する『モヒカン故郷に帰る』。このほど、細野晴臣による本作の主題歌、その名も「MOHICAN」の配信がスタート。沖田修一監督が自ら手がけたスペシャルミュージックビデオ(以下、MV)も完成した。

モヒカン頭がトレードマークの売れないデスメタル・バンドのフロントマン、永吉(松田龍平)。妊娠した恋人・由佳(前田敦子)を連れて、故郷・戸鼻島(とびじま)へ結婚報告をするため7年ぶりに帰る。2人を待ち構えていたのは、矢沢永吉をこよなく愛す頑固親父・治(柄本明)と筋金入りの広島カープ狂の母・春子(もたいまさこ)、そしてたまたま帰省していた弟・浩二(千葉雄大)の3人。久々の永吉の帰郷と結婚を祝う大宴会が開かれたその夜、永吉は治が倒れているのを発見。病院で受けた検査結果は、末期のがんだった。動揺を隠せない5人の頭に渦巻く「どうする!?」。何をするのが正しいのか分からないけれど、不器用にぶつかりあいながら喧嘩したり笑い合ったり。“家族”は離れた時を埋めていく――。

本作は、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ、恋人と共に7年ぶりに帰郷したモヒカン息子と父や母、弟ともに繰り広げる悲喜こもごもあふれるホームドラマ。『横道世之介』『滝を見にいく』などで知られる沖田監督のオリジナル脚本となる本作で、主題歌を手がけるのは、オリジナル楽曲としては4年ぶりとなる細野晴臣。そのミュージックビデオは、映画本編の中から柄本明が演じる主人公の父・治の姿を中心に、本楽曲に合わせて沖田監督自ら編集したものとなっている。

今回の主題歌は、沖田監督が以前から大ファンであった細野さんにラブコールを送ったことから実現。監督とのディスカッションを経て、松田さんが演じる永吉のモヒカンにインスパイアされた主題歌「MOHICAN」が誕生した。

今回のコラボレーションに際し、細野さんは、「モヒカン刈りって昔はかなりのツッパリ感があったヘア・スタイルだったけど、いまとなってみればノスタルジックで、悲哀さえ感じます。この映画はそういう落差を見せてくれました。都会でツンツン尖ったロッカーが、故郷へ戻るとそこは日本の原風景。これを見て故郷に帰りたくなる若者もいるでしょうね。いいなあ、ふるさとって」とコメントを寄せる。

また、沖田監督は「細野さんにこの詞を歌わせていいのか、と畏れ多くも嬉しい気持ちでいっぱいです」としながらも、「思わず笑ってしまうほど、素晴らしい主題歌をいただきました」と絶賛。自身初のモヒカン姿を披露している松田さんも、「島に住んでいるような、浮遊感のある心地の良い曲だと思いました。映画の雰囲気にぴったりで僕も嬉しいです。ぜひ、この曲と共に余韻を楽しんで下さい」とコメント、ゆる~くて、可笑しくて、ほっこり温かい映画の世界観にマッチした主題歌に、太鼓判を押している。


『モヒカン故郷に帰る』は広島にて先行公開中、4月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。

主題歌「MOHICAN」はiTunes、レコチョク、moraほか主要音楽配信サイトにて配信中。
《text:cinemacafe.net@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top