ドーム、巨人軍所属選手の野球賭博に関する対応を発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドーム、巨人軍所属選手の野球賭博に関する対応を発表

新着 ビジネス

ドームは、オフィシャルパートナー契約を締結している読売巨人軍に所属する選手が野球賭博に関与していた問題に関し、今後の対応を発表した。

同社は野球賭博を「プロ野球選手に限らず、あってはならない不正行為」とコメント。同時に、選手個人が犯した罪や不正行為は自己責任と認識しているとして、チームや球団が負うべき責任は極めて限定的なものだという見解を示した。

今回の事由に関しては、読売巨人軍が組織として主体的な関わりがない限り、オフィシャルパートナー契約の毀損には該当しないと発表。これからもパートナーとして読売巨人軍をサポートしていく。

また、本来は選手個人の限定的な責任であるものを、チームや指導者、連帯責任という形で無実の選手にまで責任が拡大されている実態があり、これを感情論に基づく「人治統制」であるとコメント。同社は人治統制という日本スポーツ界の慣習を、法律や規則を基にした法治統制へと改善すべく、信念を持った対応を行っていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top